【名古屋開催】テーマ別研究会「日本のSCMの課題」

経済のグローバル化を背景に、企業のサプライチェーンは拡大かつ複雑化しており、これをマネジメントする、いわゆるサプライチェーンマネジメント(SCM)の重要性は今後ますます高まっていくと考えられます。しかし、わが国では適切かつ効果的にSCMを実践されている企業はまだまだ少数であるといえるでしょう。
 本研究会では、海外との比較による日本のSCMの問題点やその背景、企業におけるSCM実践に関する解説等を通して、わが国におけるSCMの課題を紐解き、ご参加の皆様と共有することで、各社の取組みの参考としていただくことをねらいとしています。
 関係各位の積極的なご参加をお待ちしております。
日本のSCMの課題~環境変化に対応するためのSCM再構築に向けて~

開催日時:2020年3月12日(木) 15:00~17:00
開催会場:フジコミュニティセンター 第1会議室  名古屋市中村区黄金通1-18

プログラム:
15:00~15:50 日本のSCMの課題~なぜ日本ではSCMが進まなかったのか~
・米国の格付機関に見るSCMレベルの企業ランキング
・物流、ロジスティクス、SCM
・SCM事例(加工食品メーカーと卸売の事例)
・ロジスティクスの再定義、SCMの再構築
  講師:北條 英 氏 (JILS総合研究所 ロジスティクス環境推進センター センター長)

16:00~16:50 SCMって何?~SCMを実践するうえで考えるべきこと~
 
・ SCMが実践されると・・・米国での経験から
 ・ SCMにおけるロジスティクスの役割
 ・ 部門を越えた取り組み:S&OPとは
 ・ まず何から取り組むべきか:標準化と人材教育
    講師:行本 顕氏 (三菱鉛筆株式会社/APICS認定インストラクター)
   ★行本講師ご略歴
   1974年生まれ。APICS認定インストラクター(CPIM・CLTD・CSCP)、法学修士。
   銀行員を経て2003年より国内消費財メーカーに勤務。生産管理・海外調達他を担当。
   2010年~2012年にかけて米国の大手消費財ディストリビューターに常駐、S&OPを担当。
   日本初のAPICS三科目認定インストラクターとして日本ロジスティクスシステム協会、
   日本生産性本部他での講演などを中心に積極的なSCM普及活動を行っている。
【参加定員】 40名
         ※定員になり次第締め切らせていただきます(最少催行人数:10名)

【参 加 料】 JILS会  員 :   5,500円/1名 (消費税込)
        JILS会員外 : 11,000円/1名 (消費税込)
開催日
2020年3月12日
対象
会場案内
「フジコミュニティセンター 第1会議室」
〒453-0804 名古屋市中村区黄金通1-18
TEL:052-481-5541
http://www.fujicommunitycenter.jp/access/
参加費について
日本ロジスティクスシステム協会会員 5,500 円/1名
上記会員以外 11,000 円/1名
注意書き

※上記金額は消費税を含む。

参加費に含まれるもの

テキスト代

参加資格

 

参加定員

40

申込先/プログラム内容のお問い合わせ

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 中部支部
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南4-12-17
TEL:052-588-3011 FAX:052-588-3012


申込み方法について
FAX送信によるお申込み
PDF お申込用紙PDF
FAX :052-588-3012
フォームによるお申込み

下のボタンからお申し込みください。


お支払いについて

※請求書が届き次第、指定銀行の口座にお振込みください。
※お支払いは原則として開催前日までにお願い申し上げます(開催後になる場合は、支払予定日を申込書の支払予定日欄に明記してください)。
※ご都合が悪くなった場合は、代理の方のご派遣をお願いいたします。なお、代理の方もご出席不可能な場合は、下記の規定によりキャンセル料を申し受けますので、あらかじめご了承ください。(注)キャンセルはFAXでのご連絡のみ申し受けます。
【キャンセル規定】
・開催7日前~前々日(開催日当日を含まず起算)・・・参加料(消費税を除く)の30%
・開催日前日および当日・・・参加料(原則として消費税を除く)の全額

個人情報の取り扱いについて

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、個人情報の保護に努めております。詳細は当協会のプライバシーポリシー(http://www.logistics.or.jp/privacy.html)をご覧ください。なお、ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本催し物に関する確認・連絡・受講者名簿の作成および当協会主催の関連催し物のご案内をお送りする際に利用させていただきます。
                                            →TOPページはこちら http://www.logistics.or.jp