【名古屋サテライト開催】テーマ別研究会「国際物流の最新動向」

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、会員サービスの一環としてテーマ別研究会を開催いたしております。
近年、経済のグローバル化の進展により、ヒト・モノ・カネおよびサービスが国内市場を越え、海外市場へ広がっており、ビジネスのボーダーレス化が加速度的に進んでいます。多くの企業、特に製造業においては国際物流における適切な管理の重要性がますます高まっております。
今回のテーマ別研究会では「日本を含めた経済連携の動き」や「国際海上輸送の最新動向」等、国際物流に携わる実務者が把握しておくべき情報をご提供いたします。
関係各位の積極的なご参加をお待ちしております。
国際物流の最新動向~日本の経済連携と国際海上輸送の今後~

開催日時:2019年2月25日(月) 14:00~17:10
開催会場:名古屋銀行協会 402会議室 名古屋市中区丸の内2-4-2 

プログラム:
14:00~15:30 「国際海上輸送の現状と課題
  
1)海運業界の現状
  2)コンテナ船業界の再編とアライアンス
   3)海運/港湾の自動化とデジタル化
   4)国際海上輸送の今後
講師:森 隆行氏 (流通科学大学 商学部  教授)

15:40~17:10 「日本の経済連携の動向」
  1)FTA、EPAとは
  2)日EU EPA、TPP11の発効
  3)RCEPの動向
  4)日本の貿易はどう変わるのか
講師:木村 徹氏 (物流・貿易研究所  代表)

※本研究会の名古屋開催におきましては、サテライト会場として実施いたします。
~サテライト会場とは、大阪(本会場)で実施される講演をインターネットにてライブ中継を行い、
  講演映像をスクリーンに投影し、同時音声を流します。~


【注意事項】
※カメラ、ビデオ等による撮影、録音・録画はご遠慮ください。
※サテライト会場(名古屋・福岡)ではインターネット通信の不具合による映像の乱れ、
  音声の途切れ等が生じる可能性がございます。予めご了承ください。

●大阪会場のお申し込みは下記からお願いいたします。

http://jils.force.com/StudyDetail?productid=a0R5F00000aW2yG
 
【参加定員】 50名
         ※定員になり次第締め切らせていただきます(最少催行人数:10名)

【参 加 料】 JILS会  員 :   4,320円(税込・1名)     
        JILS会員外 : 10,800円(税込・1名)
開催日
2019年2月25日
対象
会場案内
名古屋銀行協会 402会議室 
〒460-8422 名古屋市中区丸の内2-4-2
TEL : 052-231-7851
http://www.nagoya-ba.or.jp/access/
参加費について
日本ロジスティクスシステム協会会員 4,320 円/1名
上記会員以外 10,800 円/1名
注意書き

※上記金額は消費税を含む。

参加費に含まれるもの

テキスト代
(注)昼食費は含まれておりません

参加資格

 

参加定員

30

申込先/プログラム内容のお問い合わせ

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 中部支部
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南4-12-17
TEL:052-588-3011 FAX:052-588-3012


申込み方法について
FAX送信によるお申込み
PDF お申込用紙PDF
FAX :052-588-3012
フォームによるお申込み

下のボタンからお申し込みください。


お支払いについて

※請求書が届き次第、指定銀行の口座にお振込みください。
※お支払いは原則として開催前日までにお願い申し上げます(開催後になる場合は、支払予定日を申込書の支払予定日欄に明記してください)。
※ご都合が悪くなった場合は、代理の方のご派遣をお願いいたします。なお、代理の方もご出席不可能な場合は、下記の規定によりキャンセル料を申し受けますので、あらかじめご了承ください。(注)キャンセルはFAXでのご連絡のみ申し受けます。
【キャンセル規定】
・開催7日前~前々日(開催日当日を含まず起算)・・・参加料(消費税を除く)の30%
・開催日前日および当日・・・参加料(原則として消費税を除く)の全額

個人情報の取り扱いについて

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、個人情報の保護に努めております。詳細は当協会のプライバシーポリシー(http://www.logistics.or.jp/privacy.pdf)をご覧ください。なお、ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本催し物に関する確認・連絡・受講者名簿の作成および当協会主催の関連催し物のご案内をお送りする際に利用させていただきます。
                                            →TOPページはこちら http://www.logistics.or.jp