~参加者特典:WMS最新事例紹介あり~WMS導入と活用セミナー

~情報技術で物流センターを変える~
WMS導入と活用セミナー

【参加のおすすめ】
 国内外における厳しい企業間競争に打ち勝つためには、コストダウンはもとより、品質・サービスレベル、顧客満足度の向上等をはかることがより一層重要となっており、そのためには技術革新の著しい情報技術を効果的に活用することが不可欠です。
 物流・ロジスティクス分野では、物流センターにおける情報技術の活用が、その優劣を決めるポイントの1つであり、その中心となるのが倉庫管理システム(WMS=Warehouse Management System)です。
 物流・ロジスティクスにおいてもIoTやAIといった新たなテクノロジーによる効率化が進む今日、それらを有効に活用するうえで、WMSの適切な運用とデータ管理はますます重要となっております。
 本セミナーでは、物流センター情報システムを効果的に活用するために、WMSの設計から導入、現場で継続的に運用するための留意点について解説します。
 物流情報システム部門等で、WMSの構築・運用に携わる方をはじめ、物流センターに関連する業務に携わられている皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

■□■参加者特典■□■
WMS最新事例のご紹介として、セミナー終了後、WMSベンダーによる最新導入事例等を無料でご聴講いただけます!
【開催日時】
2017年2月7日(火) 10:00-16:00

【プログラム概要】
1.物流・ロジスティクスとIT
2.物流センターの情報システム
3.物流センターの情報システムと自動化設備
4.今後必要とされる物流センター情報システム構築
3.WMS構築時のポイント
 
【講師プロフィール】
植村 邦夫  氏
株式会社ユーロジプランニング 代表取締役
 
1974年富士通㈱入社。システムエンジニアとして、流通業、製造業を中心に、幅広く顧客業務システム開発に従事。1994年から物流・ロジスティクス専任のコンサルタントとして、SCMや物流・ロジスティクス関連の情報システム及び、物流センターに関するコンサルティング活動に従事。2006年10月同社退社後、同年12月に㈱ユーロジプランニングを設立。物流・ロジスティクス、SCM関連の情報システム開発及び、情報システムを含む物流センターの開発に関するコンサルティング活動を行っている。物流技術管理士資格認定講座及びロジスティクス基礎講座の講師を担務。日本ロジスティクスシステム協会能力開発委員会ロジスティクス基礎講座専門委員会委員。
開催日
2018年2月7日
受講対象
・物流情報システム部門の管理者、担当者の方々
・WMS及びWMSに関係する情報関連機器についての基礎知識を習得したい方々

会場案内
公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 会議室(東京都港区)
JR「浜松町駅」より徒歩5分
ゆりかもめ「竹芝駅」より徒歩3分
都営大江戸線「大門駅」より徒歩10分
http://www.logistics.or.jp/overview/access.html

参加費について
日本ロジスティクスシステム協会会員 37,800 円/1名
上記会員以外 54,000 円/1名
注意書き

※上記金額は消費税を含む。

参加費に含まれるもの

テキスト代 (注)昼食費は含まれておりません

参加定員

30

申込先/プログラム内容のお問い合わせ

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 企画推進部
〒105−0022 東京都港区海岸1−15−1 スズエベイディアム3F
TEL(03)3436−3191 FAX(03)3436−3190


申込み方法について
FAX送信によるお申込み
PDF お申込用紙PDF
FAX :03-3436-3190
フォームによるお申込み

下のボタンからお申し込みください。


お支払いについて

※請求書が届き次第、指定銀行の口座にお振込みください。
※お支払いは原則として開催前日までにお願い申し上げます(開催後になる場合は、支払予定日を申込書の支払予定日欄に明記してください)。
【キャンセル規定】
・開催7日前~前々日(開催日当日を含まず起算)・・・参加料(消費税を除く)の30%
・開催日前日および当日・・・参加料(原則として消費税を除く)の全額

個人情報の取り扱いについて

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、個人情報の保護に努めております。詳細は当協会のプライバシーポリシー(http://www.logistics.or.jp/privacy.pdf)をご覧ください。なお、ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本催し物に関する確認・連絡・受講者名簿の作成および当協会主催の関連催し物のご案内をお送りする際に利用させていただきます。
                                            →TOPページはこちら http://www.logistics.or.jp

 


ニュース&コラム