基礎から学ぶ!!国際物流管理セミナー(名古屋・大阪)

国際物流では、煩雑な貿易手続き、対応すべきルールやローカルの制約条件等、国内物流と比べても分かりにくい点
が多くあり、課題・問題点も把握しづらい状況となりがちです。また、FTA・EPAなどによる各国間の連携など、国際物流を
取り巻く環境は刻々と変化をし続けています。
 そのようななか、国際輸送に関する業務自体はフォワーダーに委託することとなるため、業務自体がブラックボックス化
し、業務内容が不明確なままとなっていることも少なくありません。
 本セミナーでは、国際物流における専門用語の意味から国際物流に関するコスト、フォワーダーとの適切な関係構築の
ポイント、国際輸送の効率化等について詳しく解説いたします。
 関係各位の積極的なご参加をお待ちしております。

●このような方、ぜひご参加ください●
国際物流の基礎を整理したい!
国際物流業務について、フォワーダーとの連携を強化したい!
国際物流の効率化を進めていきたい!

【会期】
名古屋:2017年10月26日(木) 10:00~17:00
大 阪:2017年11月 7日(火) 10:00~17:00

【プログラム】
1.国際物流の基礎知識
 ・国際物流のトレンド
 ・国内物流との違い、国際物流で求められる知識とは
 ・貿易実務の基礎(貿易取引の流れ、信用状決済、貿易書類、インコタームズ)
 ・FTAとEPA、原産地規則、AEO制度とは

2.国際物流の効率化のために
 ・各輸送手段のポイント(ハンドキャリー、クーリエ、航空貨物、海上輸送[FCL・LCL])
 ・各輸送モードのコストとは

3.フォワーダーとの協調関係を築くポイント
 ・フォワーダー、NVOCCとは
 ・フォワーダー選定のコツとポイント
 ・BID(国際競争入札)の進め方とRF(I 前提条件確認)、RFP/RFQ(提案依頼書/見積依頼書)の作成
 ・提案書、見積書の評価
 ・国際物流を管理するための評価指標とは

【講師】
鈴木 伸彦 氏 株式会社ジュリアンウッドベル 代表取締役

詳細は以下URLをご参照ください。
http://jils.force.com/servlet/servlet.FileDownload?file=00P5F00000nJ1B4UAK
開催日
開催地により異なります。上記の開催概要をご確認ください。
受講対象
荷主国際物流担当者

会場案内
【名古屋】
名古屋商工会議所 第1会議室
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄2丁目10-19
TEL.052-223-5620
【大阪】
大阪リバーサイドホテル
〒534-0027
大阪市都島区中野町5-12-30
TEL. 06-6928-3251

参加費について
日本ロジスティクスシステム協会会員 37,800 円/1名
上記会員以外 54,000 円/1名
注意書き

※上記金額には消費税が含まれております。
※お申し込みに当たっては、以下のお申し込み用紙PDFに記載の注意事項、キャンセル規定等をご確認のうえ、お申し込みください。

参加費に含まれるもの

テキスト代 (注)昼食費は含まれておりません

参加定員

30

申込先/プログラム内容のお問い合わせ

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会中部支部
〒450-0003
名古屋市中村区名駅南4-12-17
TEL:052-588-3011 FAX:052-588-3012

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 関西支部
住所:〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-22ハービスENTオフィスタワー19階
TEL:06-4797-2070 FAX:06-4797-2071


申込み方法について
FAX送信によるお申込み
PDF お申込用紙PDF
FAX :【名古屋】052-588-3012 【大阪】06-4797-2071
フォームによるお申込み

下のボタンからお申し込みください。

大阪開催はこちら
名古屋開催はこちら

お支払いについて

・お支払は、原則として開催前日までにお願いいたします。(開催後になる場合は参加申込書の支払予定日欄に明記してください)
・振込手数料は、お客様にてご負担願います。

個人情報の取り扱いについて

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、個人情報の保護に努めております。詳細は当協会のプライバシーポリシー(http://www.logistics.or.jp/privacy.pdf)をご覧ください。なお、ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本催し物に関する確認・連絡・受講者名簿の作成および当協会主催の関連催し物のご案内をお送りする際に利用させていただきます。
                                            →TOPページはこちら http://www.logistics.or.jp

 


ニュース&コラム