在庫適正化実践セミナー(大阪)

-ロジスティクスの統合管理へ向けて-
在庫適正化実践セミナー

【参加のおすすめ】
 製造業や流通業等の荷主企業において、在庫は、キャッシュフロー等の企業経営に直結するものであり、「在庫を管理することは企業経営における生命線である」とも言われています。そのため、各企業では、在庫の適正化に向けた取り組みが進められていますが、当初想定したような効果が出ないケースや、一時的には効果が出たものの時間の経過とともに元の状態に戻ってしまうケースも見受けられます。
 在庫の適正化を進める際に、物流領域の取り組みだけでは効果は限定的であり、在庫量を決定する主な要因となる販売や生産、調達なども含めた全体最適の視点から検討していく必要があります。
 そこで本セミナーでは、荷主企業における在庫のあり方やその適正化に向けたポイントについて、講義と演習を交えて解説いたします。
 関係各位の積極的なご参加をお待ちしております。

【日時】
2017年9月8日(金)10:00-17:00

【プログラム】
1.企業における在庫
   ・在庫とは何か?
   ・調達から生産、販売までの一般的な業務の流れ
   ・供給モデルと在庫の役割
   ・一般的な在庫管理の手法

2.在庫適正化へのアプローチ
   ・在庫が適正な状態とは?
   ・適正な基準を設定するためのアプロ―チ
    *セグメント化の例
   ・基準を維持するための管理プロセス
    *生販在計画(PSI)のポイント

3.グループ演習
 ・在庫・出荷実績データ等に基づく問題点の整理と改善・ 改革の方向性を検討するグループ演習を予定しています。

4.まとめ

5.参考資料、事例紹介


【講師】
太田 達也 氏 (株式会社MPCi 代表取締役 主席コンサルタント)
梅村 康一 氏 (マネジメント・プロセス・コンサルティング株式会社 コンサルタント)

詳細は下記URLをご参照ください。
http://jils.force.com/servlet/servlet.FileDownload?file=00P5F00000kyij8UAA
*お申し込みいただいた方に、事務局より「パソコン環境確認票」をメールにてお送りいたします。(メールアドレスを必ずご入力ください。)
開催日
2017年9月8日
受講対象
・製造業、流通業等の荷主企業におけるSCM、ロジスティクス、物流部門の係長、担当者の方
・物流子会社、物流事業者の方で、荷主企業の在庫管理に関心のある方

会場案内
大阪リバーサイドホテル
〒534-0027 大阪市都島区中野町5-12-30
TEL.06-6928-3251

参加費について
日本ロジスティクスシステム協会会員 37,800 円/1名
上記会員以外 54,000 円/1名
注意書き

※上記金額には消費税が含まれております。
※お申し込みに当たっては、以下のお申し込み用紙PDFに記載の注意事項、キャンセル規定等をご確認のうえ、お申し込みください。

参加費に含まれるもの

テキスト代 (注)昼食費は含まれておりません

参加定員

30

申込先/プログラム内容のお問い合わせ

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 関西支部
〒530-0001 
大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー19階
TEL.06-4797-2070 FAX.06-4797-2071


申込み方法について
FAX送信によるお申込み
PDF お申込用紙PDF
FAX :06-4797-2071
フォームによるお申込み

下のボタンからお申し込みください。


お支払いについて

・お支払は、原則として開催前日までにお願いいたします。(開催後になる場合は参加申込書の支払予定日欄に明記してください)
・振込手数料は、お客様にてご負担願います。

個人情報の取り扱いについて

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、個人情報の保護に努めております。詳細は当協会のプライバシーポリシー(http://www.logistics.or.jp/privacy.pdf)をご覧ください。なお、ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本催し物に関する確認・連絡・受講者名簿の作成および当協会主催の関連催し物のご案内をお送りする際に利用させていただきます。

 


ニュース&コラム