物流ABCによる荷役費・保管費・配送費の徹底削減セミナー

深刻なドライバー不足、作業者不足を背景として、いま改めて、物流の生産性の向上が求められています。物流活動の原価の構造を知り、現在の「サービス」「効率」実態との因果関係がわかるようにコストをつかんでおくことは、物流センターや配送トラックの運用をアウトソーシングしている荷主と、またこれを請け負っている物流事業者の双方において、真の効率化に取組むうえで不可欠の要素となります。
 本セミナーでは、「物流ABCの具体的な算定方法や分析・活用方法」について、講義と演習を通じて学んでいただきます。
 物流センターにおけるコスト管理や削減に取り組んでいる方々の積極的なご参加をお待ちしております。

【開催日時】
東京 2017年6月9日(金)10:00-17:00

【プログラム概要】 *演習を行いますので、電卓をご持参ください。
1.はじめに
  ○物流センターは宝の山
  ○物流コスト管理とは
  ○物流ABCが物流管理を変える

2.物流ABCの基礎
  ○物流ABC早わかり入門
  ○物流ABC算定のステップ
  ○物流ABC算定(※演習付き)

3.事例研究:物流ABC導入・活用の実際
  ○物流ABCによる作業改善事例
  ○「採算を考えない顧客サービスの是正」への挑戦事例
   (顧客別物流コスト・採算分析)
  ○物流事業者における物流ABC活用事例
   (適正人員計画の運用)(※演習付き)

4.まとめ
  ○物流ABC算定ソフトの紹介
  ○物流ABCの導入・活用の困難を乗り越えるために

※プログラムの詳細はPDFのパンフレットをご覧ください。
※諸事情によりプログラムが変更になる場合がございます。ご了承ください。
※本セミナーのプログラムは、当協会で実施しておりました「物流ABCによるコストの徹底削減基礎セミナー」を一部改定したプログラムです。

【講師プロフィール】
内田 明美子氏
株式会社湯浅コンサルティング コンサルタント

1987年 日本債券信用銀行(現 あおぞら銀行)に入行。
1998年 株式会社日通総合研究所に入社。
2004年 株式会社湯浅コンサルティング コンサルタント。
物流ABCや在庫管理など、物流管理に不可欠な技法を中心としたコンサルティングとして活躍。著書に「『物流ABC』」導入の手順」、「絵でみる『在庫管理のしくみ』」他執筆多数

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 能力開発委員会 ロジスティクス基礎講座専門委員会委員
総合物流施策大綱策定に向けた有識者検討委員会委員(2009年、2013年、2017年)
開催日
2017年6月9日
受講対象
・物流センターの管理者、コスト管理担当者
・物流ABCについての基礎知識を習得したい方

会場案内
日本ロジスティクスシステム協会 会議室(東京都港区)
JR「浜松町駅」より徒歩5分
ゆりかもめ「竹芝駅」より徒歩3分
都営大江戸線「大門駅」より徒歩10分
http://www.logistics.or.jp/overview/access.html

参加費について
日本ロジスティクスシステム協会会員 37,800 円/1名
上記会員以外 54,000 円/1名
注意書き

※上記金額は消費税を含む。

参加費に含まれるもの

テキスト代 (注)昼食費は含まれておりません

参加定員

30

申込先/プログラム内容のお問い合わせ

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 業務管理部
〒105−0022 東京都港区海岸1−15−1 スズエベイディアム 3階
TEL(03)3436−3191 FAX(03)3436−3190



お支払いについて

※請求書が届き次第、指定銀行の口座にお振込みください。
※お支払いは原則として開催前日までにお願い申し上げます(開催後になる場合は、支払予定日を申込書の支払予定日欄に明記してください)。
※ご都合が悪くなった場合は、代理の方のご派遣をお願いいたします。なお、代理の方もご出席不可能な場合は、下記の規定によりキャンセル料を申し受けますので、あらかじめご了承ください。(注)キャンセルはFAXでのご連絡のみ申し受けます。
【キャンセル規定】
・開催7日前~前々日(開催日当日を含まず起算)・・・参加料(消費税を除く)の30%
・開催日前日および当日・・・参加料(原則として消費税を除く)の全額

個人情報の取り扱いについて

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、個人情報の保護に努めております。詳細は当協会のプライバシーポリシー(http://www.logistics.or.jp/privacy.html)をご覧ください。なお、ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本催し物に関する確認・連絡・受講者名簿の作成および当協会主催の関連催し物のご案内をお送りする際に利用させていただきます。
                                            →TOPページはこちら http://www.logistics.or.jp

 


ニュース&コラム