【参加無料】ストラテジックSCMコース特別公開講義(東京)

「ストラテジックSCMコース」第14期修了式 特別公開講義

2016年10月に開講した「ストラテジックSCMコース」秋期(14期)の修了式の開催にあたり、SCMの最新事例等を学ぶ特別講義を行います。本特別講義につきまして、SCMに携わる方々に広く参考としていただくため、一般公開のうえ先着130名を無料でご招待をさせていただきます。
参加申込は申し込みフォームからお申し込みください。関係各位からの積極的なお申込をお待ちしております。

※現在、2017年4月に開講する「第15期ストラテジックSCMコース(2017年度春期)」の受講申込の受付をしております。
詳細は、下記のホームページをご覧ください。
http://ssfj.sakura.ne.jp/wp/scm_new/scm6
【日 時】2017年3月12日(日) 14:00~17:20(受付開始13:30)
【会 場】東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館2階 デジタル多目的ホール
      東京都目黒区大岡山2-12-1(東急目黒線大岡山駅前)
【定 員】130名
      ※定員を越えるお申込があった場合は、先着順のお申込受付とさせていただきます。
【参加費】無料

~講演プログラム~
【開催挨拶】:14:00
  ストラテジックSCMコース 講師代表 橋本 雅隆 氏
  (明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科教授)

【特別講義①】:14:10~15:40 (90分)
  講演者:石井 正純 氏(AZCA, Inc. – 代表取締役社、AZCA Venture Partners – マネジングディレクター、早稲田大学大学院ビジネススクール 客員教授、静岡大学工学部大学院 客員教授)
  講演タイトル:「コーポレートベンチャリング ~日本企業のシリコンバレーの活用の仕方~」
企業の将来の成長を担うのは人材とイノベーションである、と言っても過言ではありません。また、外部資源をうまく活用する成長戦略も必要となります。一方、シリコンバレーは過去70年をかけてイノベーションのエコシステムを醸成してきました。多くの日本企業にとって、グローバル市場で戦っていくためにはこのイノベーション・エコシステムをうまく活用していくことが必須ともいえます。本講演ではシリコンバレーのイノベーション・エコシステムの特徴について解説し、それは日本企業としてどのように活用すべきかについて議論します。

【特別講義②】:15:50~17:20 (90分)
  講演者:鷲谷 和彦 氏(寿精版印刷株式会社 代表取締役社長 工学博士)
  講演タイトル:「5つの顧客利益を実現するスピードと精度を核とする国内・アジア一気通貫のSCM」
寿精版印刷株式会社は、印刷市場規模が13年で31%減と縮小する制約条件の変化を捉え、ダミーや試作といった商材開発により、「スピード+精度」を深化させ、ライバル社とは違う軸で戦う全社戦略を実施してきた。
事業展開を、成長が見込まれる中国・東南アジア地域へ拡大し、「5つのお客様利益」を同時に考慮した「国内・アジア一気通貫のSCM」を展開してきた。また、SCMを支える生産活動においては、BCP、故障ゼロ、ダントツのリードタイムの実現により、営業活動の成約率を高めた。この活動の結果、お客様利益の実現とともに、国内外のお客様企業獲得が拡大している。
開催日
2017年3月12日
対象
会場案内
東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館2階 デジタル多目的ホール
東京都目黒区大岡山2-12-1(東急目黒線大岡山駅前)
http://www.titech.ac.jp/maps/index.html
参加費について

無料

注意書き

受付後、「参加のご案内」をe-mailにてお送りします。

参加費に含まれるもの

参加資格

 

参加定員

130

申込先/プログラム内容のお問い合わせ

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 JILS総合研究所
〒105-0022 東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム3F
TEL 03-3436-3191 FAX 03-3436-3190



お支払いについて

個人情報の取り扱いについて

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、個人情報の保護に努めております。詳細は当協会のプライバシーポリシー(http://www.logistics.or.jp/privacy.pdf)をご覧ください。なお、ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本催し物に関する確認・連絡・受講者名簿の作成および当協会主催の関連催し物のご案内をお送りする際に利用させていただきます。
                                            →TOPページはこちら http://www.logistics.or.jp

 


ニュース&コラム