関西物流改善事例発表会2019参加者募集

あなたの挑戦が物流現場を変える!
日本ロジスティクスシステム協会は、創立以来、毎年10月を「ロジスティクス強調月間」として定め、東京、名古屋、大阪、福岡でロジスティクスの啓発、普及活動を展開しております。本年度は「これからのロジスティクスのあるべき姿~技術・思考で仕組みを変え、サステナビリティへの挑戦~」を統一テーマとして、40機関のサポートのもとに活動を実施いたします。

 関西地域におきましては、ロジスティクス強調月間の一環として、物流現場の改善活動に焦点をあて、一般社団法人日本物流資格士会西日本委員会との共催による「関西物流改善事例発表会2019」を開催いたします。
 本発表会は、「あなたの挑戦が物流現場を変える!」をテーマに、8件の優秀な企業事例と特別講演で構成されています。ご発表いただく企業事例は、小集団活動などを通じ、現場担当者が知恵を絞り改善活動を推進し、顧客サービス、物流品質、生産性の向上などに大きな成果をあげられたものです。
 また、特別講演では、株式会社Hacobu 代表取締役社長CEO 佐々木 太郎 氏をお迎えし、「デジタル物流情報プラットフォーム」をテーマに、デジタル社会におけるロジスティクスの将来、先進技術の動向等について、ご講演いただきます。
会 期:10月23日(水)10:00~16:10
会 場:アートホテル大阪ベイタワー アートグランドボールルーム(大阪市港区)
定 員:300名
主 催:公益社団法人 日本ロジスティクスシステム協会
     一般社団法人 日本物流資格士会 西日本委員会

発表事例
1.「AGV、ロボット導入による入庫作業の完全自動化(無人化)について」 ローム・ロジステック株式会社
2.「繁忙期に向けた保管効率向上への取り組み」 山村ロジスティクス株式会社
3.「返品再生業務の生産性向上」 丸二倉庫株式会社
4.「在庫増に対応した最適保管の再構築」 ケービーエスクボタ株式会社
5.「アパレル返品作業工程のムダ取り改善による生産性向上」 浪速運送株式会社
6.「ITを活用したドライバーの働き方改革への取り組み」 株式会社ハンナ
7.「営業部門と連携して行った荷合わせによる出荷個数の削減」 株式会社インテクスト
8.「商品ラベル認証システム導入による作業負荷軽減と作業ミス削減」 ワコール流通株式会社

特別講演
「デジタル物流情報プラットフォーム」
株式会社Hacobu 代表取締役社長 CEO
佐々木 太郎 氏

プログラムの詳細は以下URLをご確認ください。
http://jils.force.com/servlet/servlet.FileDownload?file=00P5F0000166qF9UAI
開催日
2019年10月23日
受講対象


会場案内
受講料について
日本ロジスティクスシステム協会会員 15,000 円/1名
上記会員以外 23,000 円/1名
注意書き

受講料に含まれるもの

受講資格

 

受講定員

 

申込先/プログラム内容のお問い合わせ

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 関西支部
住所:〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-22ハービスENTオフィスタワー19階
TEL:06-4797-2070 FAX:06-4797-2071



お支払いについて

個人情報の取り扱いについて

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、個人情報の保護に努めております。詳細は当協会のプライバシーポリシー(http://www.logistics.or.jp/privacy.pdf)をご覧ください。なお、ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本催し物に関する確認・連絡・受講者名簿の作成および当協会主催の関連催し物のご案内をお送りする際に利用させていただきます。
                                            →TOPページはこちら http://www.logistics.or.jp