関西物流改善事例発表会2017参加者募集

現場力向上への挑戦
日本ロジスティクスシステム協会は、創立以来、毎年10月を「ロジスティクス強調月間」として定め、東京、名古屋、大阪、福岡でロジスティクスの啓発、普及活動を展開しております。本年度は「これからのロジスティクスのあるべき姿~第4次産業革命に備え、考えるべきこと~」を統一テーマとして、38機関のサポートのもとに活動を実施いたします。

 関西地域におきましては、ロジスティクス強調月間の一環として、物流現場の改善活動に焦点をあて、一般社団法人日本物流資格士会西日本委員会との共催による「関西物流改善事例発表会2017」を開催いたします。
 本発表会は、「現場力向上への挑戦」をテーマに、11件の優秀な企業事例と特別講演で構成されています。ご発表いただく企業事例は、小集団活動などを通じ、現場担当者が知恵を絞り改善活動を推進し、生産性や作業効率の向上、コスト削減ならびに環境負荷低減などに大きな成果をあげられたものです。
 また、特別講演では、公益社団法人自動車技術会 関東支部 理事 岩井 信夫 氏をお迎えし、
「トラック物流への自動運転技術の適用」をテーマにご講演いただきます。

会 期:10月17日(火)10:00~16:40
会 場:ホテル大阪ベイタワー ベイタワーホール
定 員:300名
主 催:公益社団法人 日本ロジスティクスシステム協会
     一般社団法人 日本物流資格士会 西日本委員会

発表事例
1.「詰め合わせ作業エリアのレイアウト最適化」 TOTO株式会社
2.「共同ダンボールへの統一に向けた取り組み」 株式会社インテクスト
3.「搬送用アタッチメントの製作による物流センターの生産性改善」 間口ジェネラルサービス株式会社
4.「検査業務の総稼働生産性向上」 ワコール流通株式会社
5.「物量波動にあわせた作業員の調整」 株式会社流通サービス
6.「混流梱包ラインにおけるムダを取り除け」 山村ロジスティクス株式会社
7.「静脈物流における業務改善」 三愛ロジスティクス株式会社
8.「スワップボディコンテナによる労働時間削減と稼働率向上」 富士運輸株式会社
9.「事務作業効率化に向けた取り組み」 AGCロジスティクス株式会社
10.「作業スペースの捻出と出庫効率の向上」 水岩ロジスティクス株式会社
11.「点から線へ後工程を迅速に確実に」 株式会社NTTロジスコサービス

特別講演
「トラック物流への自動運転技術の適用」~自動運転・隊列走行に向けた取り組み~
公益社団法人自動車技術会 関東支部 理事
岩井 信夫 氏

プログラムの詳細は以下URLをご確認ください
http://jils.force.com/servlet/servlet.FileDownload?file=00P5F00000nphE6UAI

 
開催日
2017年10月17日
受講対象


会場案内
受講料について
日本ロジスティクスシステム協会会員 16,200 円/1名
上記会員以外 24,840 円/1名
注意書き

受講料に含まれるもの

受講資格

 

受講定員

300

申込先/プログラム内容のお問い合わせ

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 関西支部
住所:〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-22ハービスENTオフィスタワー19階
TEL:06-4797-2070 FAX:06-4797-2071


申込み方法について
FAX送信によるお申込み
PDF お申込用紙PDF
FAX :06-4797-2071
フォームによるお申込み

こちらの大会はWebフォームによるお申込みをおこなっておりません。


お支払いについて

個人情報の取り扱いについて

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会では、個人情報の保護に努めております。詳細は当協会のプライバシーポリシー(http://www.logistics.or.jp/privacy.pdf)をご覧ください。なお、ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本催し物に関する確認・連絡・受講者名簿の作成および当協会主催の関連催し物のご案内をお送りする際に利用させていただきます。
                                            →TOPページはこちら http://www.logistics.or.jp

 


ニュース&コラム